コンテンツ
サイト内検索

沖縄コンテンツ
お勧め商品
最近の記事
お気に入りリンク
人気ワード 1.DFS沖縄 2.沖縄ビジネスホテル 3.沖縄格安レンタカー 4.おすすめ沖縄格旅行
【PR】phpMyAdmin・xoops・MovableType・WordPressが無料で簡単に使えるレンタルサーバー

2005年01月28日

沖縄ECサイトの現状調査中

沖縄のECサイトの現状って!?

うちのキャッチフレーズは、「ITを通じて人と物の流れを創造します!」。

沖縄に会社を作った大きな理由の一つに、沖縄のEC(inもoutも)を繁栄させる事があります。
沖縄ECチームと沖縄県のECサイトの調査を続けていると、その多さに驚かされます。
沖縄県の人口は、くどいですが130万人強。
静岡県浜松市は、周辺都市との合併があり、100万人には届きませんがそのまた周辺を合わせれば沖縄県の人口とほぼ同じになります。

では、沖縄県のECサイトってどのくらいあるの?

まだまだ調査中であるにも関わらず、既に数百サイトを越えています。対人口で考えれば膨大なECサイトの数だと言えるでしょう。

しかし、活気のあるサイト、売れているだろうと思われるサイト(独自の判断基準で)はごく少数で、何年か前にコストをかけてサイトデザインや仕組み(CGI等)を導入したにも関わらず更新が殆ど行われていないサイトが非常に多くみうけられます。(どこの県でも同様ですが、、、)メルマガを定期的に発行しているサイトもごくごく少数。

サイト数から大体想定はできるのですが、
沖縄県発のECサイト全体の取扱高ってどこかに数値があるのだろうか?

沖縄大好き!と個人サイトをはじめ多くのコミュニティでは全国一の人気をほこり、「沖縄」という県の名称での検索数は、東京に続き第2位。(東京とも僅かな差)
県発表の沖縄への観光客は年間525万人と交通手段を考えればダントツ。

沖縄のECで中心に取扱われている商品は、生活必需品や一般消耗品とは違いますのでECの取扱高に大きく影響を与える重要キーワードであるEC化率はあてはまり難いとは思いますが、もっともっと取扱高が上がっても良いはずです。

会社の場所も「沖縄の物流拠点」がキャッチの沖縄卸商業団地内。そして「沖縄の物流拠点」が「沖縄のIT拠点」となるべく。


沖縄blogランキング←沖縄情報満載
沖縄ブロガー←沖縄のブロガーが大集合 沖縄blogポータル
Posted by hirononono at 2005年01月28日 01:33
コメント
コメントを投稿









投稿者情報を記憶しますか?








Copyright (C) AWAZON.NET All right reserve.
Powered by Movable Type2.661